大手業者の全てが信用できるわけではない

中古トラックの一括査定を行うと、専門の買取査定業者の他に
中古の普通乗用車を買い取っている業者からも問い合わせが来ることがあります。
実は、そうした業者も小型トラックや軽トラックに限って買取業務を行っているのです。
また、こうした業者の中には普通乗用車の買取で名の通っている大手の会社もいくつかあります。

 

しかし、大手の業者だからと言って信頼できるというわけではありません。
というのも、大手と言っても実際にはフランチャイズ制で、
経営は個人ないし独立した法人によって行われているため、
店舗によってトラブルが発生することもあるのです。
例えば、執拗な電話攻勢をしてきたり、
買取が成立しなかった場合に出張費を請求してきたり、
買取が成立するまで所有者の元に居座ったりするというケースが報告されています。
ですから、名の通っている業者だからと言って簡単に信用してはいけません。
業者を選ぶ際には企業の知名度や事業規模ではなく、
担当者の真面目さや誠実さを重視する必要があるのです。

 

例えば、実際に面談した時にトラックについての知識が豊富であることが分かる方や、
査定価格と買取価格が
なぜその額になったのかを明確に説明できる方などが信頼できる担当者ということになります。
反対に、即時の支払いを約束していても書類を粗末に扱っている業者もあり、
こうした業者は売却した後の名義変更を怠る危険性があります。
ですから、仮に有名な業者であってもこうしたことを行う業者は決して信用してはいけません。
むしろ、そうした業者よりも営業開始から数年しかたっていない
中小の買取業者の方が信頼できる場合も多いのです。

 

 


このページの先頭へ戻る