故障車・事故車・不動車でも買取OK

中古トラックの買取と中古の乗用車の買取には大きく異なる点が一つあります。
それは、中古トラックは故障車や事故車、不動車であっても一定以上の価格で買取ってもらえるというところです。
反対に、中古の乗用車の場合には故障車・事故車・不動車となってしまうと車の価値が著しく損なわれるため、
買取価格が付かないということが多くあり、
もし仮に価格が付いたとしても非常に低い額になってしまうことがほとんどなのです。

 

では、故障車・事故車・不動車として買い取ってもらえる中古トラックとは一体どのようなものなのでしょうか?
まず故障車ですが、どのような故障があるかによって価格が大きく違ってきます。
例えば、足回りや電気系統の部品を交換することで走行が可能となる程度の故障であれば買取価格は高値になる傾向があります。
一方で、架装部分に故障(例えばダンプアップ機能が使えない、
クレーンが動かない)がある場合には修理のために特殊な部品が必要になるため、買取価格は低くなってしまい、
故障の具合によっては買取価格が付かないこともあります。

 

次に事故車ですが、事故車の場合には車体に余程大きな傷が無い限り買取ってもらえます。
特に、多少の擦り傷やボディの凹み、
塗装の剥げ等であれば買取業者が自社の修理工場で修復できるため、高値の買取価格が付くこともあります。

 

最後に不動車についてです。
実は一昔前までは不動車を買い取る業者は存在せず、動かなくなった車は廃車にするしかありませんでした。
しかも、廃車にするには手続きに費用が掛かるため、売れないどころか捨てるのにお金が掛かっていたのです。
しかし、現在では新興国を中心に日本の不動車に対する需要が高まっているため、
不動車を買取る業者が出てきているのです。
また、中には不動車どころではなく廃車を買取る業者というのも存在しているほどです。

 

 


このページの先頭へ戻る